News Recipe Trend Column 

チーズの日(11月11日)は、おいしいチーズをワインとともに!

11月11日は「チーズの日」ってご存知でしたか?1年の内で2番目に記念日が多いこの日ですが、チーズの日と聞いただけでも何だかいろんなチーズが食べたくなりませんか?ということで今回はチーズにちなんだエトセトラ・・・♪

さらに今月はボジョレー・ヌーヴォ―もいよいよ解禁。いろんなチーズを覚えてワインとのマリアージュも楽しんでみては?

そもそもなんでチーズの日?

日本人と“チーズ”の出会いは、いまからおよそ1300年前。文武天皇四年(西暦700年)10月に、文武天皇がチーズの元祖と言われる″蘇(そ)″の製造を命じたのがはじまりとされています。そこで1992年、この10月を新暦(11月)に置き換え、皆様にもっともっとチーズに親しんでもらうため、覚えやすい11日を記念日とし、「チーズの日」が誕生しました。

いろんなタイプのチーズを楽しもう!

ひと言でチーズといってもいろいろあります。大きく分けるとナチュラルチーズとプロセスチーズ。6Pチーズなどのプロセスチーズは、おやつやおつまみとしても馴染み深いですよね。最近では、TVの放映でも話題になったカマンベールなどのナチュラルチーズも人気です!

ここでは簡単にタイプ別の特徴をご紹介しましょう。

ナチュラルチーズ

牛や山羊や羊等の乳に、乳酸菌や凝乳酵素を加えて凝固させ、そこからホエイ(乳清)の一部を取り除き発酵・熟成させたものです(一部熟成させないものもあります)。

ナチュラルチーズは「生きて」いるので、熟成が進み、時間が経つごとに外観や味、香りなどに変化が出てきます。

フレッシュタイプ

熟成させないチーズのこと。そのまま食べられる、くせのないチーズです。

クリームチーズ、さけるチーズなど。


白カビタイプ

表面が白いカビでおおわれているチーズのこと。

カマンベールなど。


青カビタイプ

青カビで内部から熟成させるチーズ。風味が強烈で味も濃厚、かなり塩味が強いのが特長です。

ロックフォールなど。


ウォッシュタイプ

外皮を塩水や酒で洗いながら熟成させたチーズのこと。中はマイルドですが、香りが強いものも多いため、通向きのチーズと言えるでしょう。

ポン・レヴェックなど。


シェーブルタイプ

「シェーブル」というのはフランス語で「山羊」のこと。文字通り山羊の乳で作られたチーズ。牛乳から作るチーズより歴史は古いと言われています。

ヴァランセなど。


セミハードタイプ

チーズを作る工程の中で、プレスして水分を少なくした、比較的硬いチーズです。

ゴーダなど。


ハードタイプ

セミハードタイプのチーズよりもさらに水分を少なくした、大きく重量のあるチーズです。

パルミジャーノ・レッジャーノなど。


プロセスチーズ

ナチュラルチーズを1種類または数種類混ぜ、乳化剤などを加えて加工したものです。味が一定で保存性に優れているのが特長です。

6Pチーズ、スライスチーズ、ベビーチーズなど。

いかがですか?
この機会に、ぜひいろんなタイプのチーズに
チャレンジしてみてください。

チーズについて詳しくはこちら

最近のチーズトレンドって?

最近では、韓国から火がついた“チーズタッカルビ”やお店でもメニューに出されるようになったスイス料理の“ラクレット”が話題です。

どちらもチーズがとろ~っと伸びて見た目からもおいしそうなところがポイントですね。また、ひょうたん型の“カチョカヴァッロ”やモッツァレラの中に生クリームを巾着状に包んだフレッシュチーズ“ブッラータ”などもちょっとしたトレンドになりつつあります。

チーズファン必見!11月11日・12日、チーズフェスタ開催

上記でご紹介した様々なタイプの日本のチーズ、世界のチーズが勢ぞろい。いろんなチーズの試食や、他の食材とチーズのコラボメニューなども楽しめる年に一度のチーズの祭典「チーズフェスタ2017」が、11月11日(土)・12日(日)の2日間、東京・恵比寿で開催されます。チーズファンにとってはたまらない他ではなかなか手に入りにくいチーズにも出会えるかも。必見です!

11月16日解禁!ボジョレー・ヌーヴォ―を楽しもう!

毎年ボジョレー・ヌーヴォーの解禁を楽しみにされている方も多いことでしょう。

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁は、毎年11月の第三木曜日と定められていて、今年は11月16日(木)が解禁日となります。

さて、今年のボジョレー・ヌーヴォーの出来はどうかというと、“日照量も豊富で降水量も理想的、非の打ちどころがない期待できるヴィンテージ”と言われていますので楽しみですね。

ボジョレー・ヌーヴォーならではの出来立てのフレッシュでフルーティーなおいしさ、すっきりとした軽やかな口当たりは、飲む前に少し冷やしておくとさらに清涼感が引き立ち、より一層おいしく楽しめますよ。

チーズとのマリアージュなら・・・

フレッシュなワインですので、やはりフレッシュタイプのチーズやあまり熟成の進んでいないくせがなくマイルドなチーズとよく合います。クリームチーズなどのフレッシュタイプや、カマンベールなどの白カビタイプとのマリアージュもオススメです。

ワインと一緒に楽しみたい♪簡単!おいしい!チーズメニュー3選

そのまま食べてももちろんおいしいチーズたち。でも、もうひと工夫でいろんなチーズの楽しみ方が広がります。ぜひ、チャレンジしてみてください。

ゴーダボロネーゼ

パスタでおなじみのボロネーゼをバケットにのせ、コクが深く旨みも豊かなゴーダチーズをトッピング。オードブルにおすすめです。

おすすめワイン

ミディアム~フルボディの赤

トマトとアンチョビの「6P」ピザ

「6Pチーズ」を使ってトースターでできるお手軽ピザ。春巻きの皮を重ねたパリパリ生地に、トマトソースの酸味とアンチョビの塩味、チーズのコクが絡み合った本格派の味です!

おすすめワイン

白~ミディアムボディの赤

カマンベールのアヒージョ

人気のアヒージョに「雪印北海道100 カマンベールチーズ」をイン!にんにくの効いた熱々オリーブ油にとろとろのカマンベールがマッチ!バケットにつけていただきます。

※油が熱くなりますのでやけど等にご注意ください。

おすすめワイン

フレッシュな白、ロゼ、軽めの赤


その他にも、いま食べたい
おすすめチーズレシピ満載!