Recipe Healthy 

あの選手もおすすめ!雪印メグミルク スキー部プレゼンツ「ジャンプ飯」

ウインタースポーツの本格シーズンもいよいよ到来。スキー・スノーボード・フィギュアスケート・・・。これからの時期は各種大会のTV中継等も多く、アスリートたちの活躍も楽しみですよね。

ところで、そんなアスリートたちの強くなる秘訣って何でしょう?

アスリート

出典:Adobe Stock

日々のトレーニングはもちろんですが、やはり「食」もアスリートたちの体づくりを支えるうえではとても大切ですよね。

実際にスポーツをされる方なら、持久力を高めたい、筋力をアップしたいなど、悩みもいろいろあることでしょう。

では、どんな食事・栄養が必要なんでしょうか?

スキージャンパーの体づくりを支えているのは、乳製品だった?

体づくりには、“たんぱく質”や“カルシウム”がとっても重要です。

特に乳製品を日々の食事に上手に取り入れることで“たんぱく質”や“カルシウム”アップが期待できます!

そこで今回は、ウインタースポーツの花形“スキージャンプ”で活躍する雪印メグミルクスキー部の皆さんに体づくりにおすすめのメニューを教えていただきました。

選手たち

雪印メグミルクスキー部を監督として率いるのは、日本代表で活躍した原田雅彦さん!また、現役選手として今シーズンの活躍も期待される伊東大貴選手、小林潤志郎選手など多くの選手が在籍しているんです!

伊東大貴選手

雪印メグミルクスキー部 伊東大貴選手

いざ勝負!という時に選手たちを支える、乳製品を使ったとっておきのレシピをご紹介します。

ぜひ、皆さんも日々の「食」に取り入れてみてください。

おいしく高くはばたけ!雪印メグミルクスキー部おすすめ「ジャンプ飯」5選

原田監督

原田雅彦監督おすすめ

焼きボロネーゼパスタ

ボロネーゼのパスタは海外遠征でたくさん食べた僕の思い出のメニュー!粉チーズをたっぷりかけるのがオススメです。

ボロネーゼのパスタは海外遠征でたくさん食べた僕の思い出のメニュー!粉チーズをたっぷりかけるのがオススメです。

人気パスタの一つ“ボロネーゼ”に「こんがり焼ける とろけるスライス」をのせて焼き上げた、持久力アップにモリモリ食べたい一品です。


小林潤志郎選手

小林潤志郎選手おすすめ

げんかつぎのチーズソースカツ丼

ここぞ!という時の定番メニューです! 勝つためにカツを食べています。

ここぞ!という時の定番メニューです! 勝つためにカツを食べています。

料理

勝負に勝つ!にあやかって食べたいカツ丼。豚もも薄切り肉で「とろけるスライス」を包んで、衣をつけてカツを揚げます。サクサクカツの中のとろ~りとろけるチーズが食欲をそそります。ガッツリおいしくカルシウムを摂れるのがうれしい丼です。


原田侑武選手

原田侑武選手おすすめ

1/2日分の野菜が摂れるホワイトスープカレー

北海道と言えばスープカレー! 僕の大好きなメニューです。

北海道と言えばスープカレー! 僕の大好きなメニューです。

ホワイトスープカレー

北海道では定番人気のホワイトスープカレー。まろやかでコクのあるカレーは、牛乳をたっぷり使うのがポイント!パプリカ・ブロッコリー・鶏もも肉・れんこん・なす等、野菜もたっぷり栄養満点です。


清水礼留飛選手

清水礼留飛選手おすすめ

サラダおにぎり

練習の時お母さんが作ってくれた 思い出の味!

練習の時お母さんが作ってくれた 思い出の味!

サラダおにぎり

練習の合間などあわただしい時に、食べやすいおにぎりはやっぱりGood!具材たっぷりのカレーサラダおにぎり(左)と、ツナサラダおにぎり(右)。どちらも子供に大人気の味です。チーズを入れることと、具材が見えるように握るのがポイント!


栃本翔平選手

栃本翔平選手おすすめ

ベジグルト~野菜もりもりおかずサラダ~

バランスの良い食事を心がけ、 野菜とヨーグルトを食べています。

バランスの良い食事を心がけ、 野菜とヨーグルトを食べています。

野菜もりもりおかずサラダ

アスリートは栄養バランスが大切。野菜とヨーグルトがたっぷり食べられる“ベジグルト”は、そんなアスリートにぴったり!1日の食事の中で上手に取り入れたい一品です。塩ヨーグルトにいろんな野菜とミックスビーンズ、ナッツ類をトッピングしてオリーブオイルを回しかけていただきます。


いかがでしたか?ご自分やご家族の体づくり・体力づくりに、雪印メグミルクの乳製品を使った「ジャンプ飯」レシピを参考にしてみてください。

そして、この冬、雪印メグミルクジャンプチームへのご声援もよろしくお願いします。

原田監督